SNS・ブログ

Instagramは、やっぱり、人とは違う切り口が良さそうです

Instagram
「もっとお客様にお菓子を届けたい!」という方へ

「好きなことで生きていきたい」と思って始めたはずなのに、思ったように売れず、疲れてきてしまっている…

【あなたの強み×お客様から求められていること】を探り、そのニーズに応える商品を作り出す!

InstagramにTwitter、Facebookにブログにnote…あれもこれも頑張っていますか?息切れしてきていませんか?

早くも息切れし始めたきっちん中の人のつぶやきです。

同じネタを複数のSNSに書いても良いかも

すべてのSNSで、できる限り違うネタを書こうと思って頑張っていたのですが、ふと、「あれ?そういえば、全員が全員、全部のSNSを見てくれているのかな…?」という疑問が浮かびまして。

昔はみんな、あれもこれも見ていてくれたかもしれないけれど、だんだん、「見る人は全部見るけど、普通の人は、その人本人が見るSNSの投稿だけフォローして見てくれているのでは…?」と思うようになりました。

数字の根拠があるかというとそういうのはなくて、なんとなくの肌感覚です。

つまり何が言いたいかというと、「同じネタを複数のSNSに書いても良いんじゃないか」ということです。

ただし、それぞれのSNSで傾向と対策は異なるので、InstagramならInstagramでウケる投稿を、TwitterならTwitterにウケる投稿を、というイメージです。

magazineのインスタをちょっと頑張ってみよう

きっちん本サイトのInstagramを頑張ろうと一念発起したのですが、他にも綺麗なお菓子写真を投稿している方はいるし、シェアキッチンらしい投稿かというと、そういう投稿ではないし…ということで(また)迷走をはじめました…^^;

そこで、「きれいなお菓子写真を載せている人はたくさんいるけど、お菓子を作って売ることに関する情報配信をしているアカウントはないのでは?」ということにたどり着きました。

そして、少し前から気になっていた、こちらのあずさんのnoteを拝読し…

こういう投稿で様子を見てみようかな、と思った昨晩です。

Instagramにおける、「お菓子を作って売るための情報配信アカウント」というポジションを取りに行ってみようと思っています。

内容は、多分おそらく、YouTubeに配信したものを、よりわかりやすく、見やすくしたものになるかな?というところです。

きっちんの作り手さんのお菓子を宣伝して売れるようになりたいのですが、シェアキッチンというポジションを活用するなら、お菓子そのものを売るより、

  1. お菓子の売り方を配信して、見てくださる方を増やす
  2. それから、作り手さんたちのお菓子を売る

という2段階にしてみようかなぁ、と考えての取り組みです。

結果がどうなるかは、とりあえずやりながら様子を見ます。

あ、magazineインスタをまだご覧頂いていない方はこちらから是非フォローしてやってくださいm(_ _)m

応援宜しくお願いします!

他にも「こんなことが分からない〜!」ということがありましたら、きっちんのLINEトーク友だち追加、またはお問い合わせページからお尋ねください〜!