toggle
2017-07-27

【スクールレポ】1期生 7/26(水)⑥マルシェ出店 -たまには自分時間を-

Pocket

先日7回目のレポートをあげたのに、次は6回目のレポートかと。

火曜日の後から水曜日が始まったので…そういう時もあります◎

そして6回目だか7回目だかにして、初めて1期生が全員揃いました。といっても3名というアットホームな規模感ですが。お一人お一人と深く話せる人数です◎

いつもいる我が0歳児と、先日レポートのOさんの娘ちゃんは、それぞれ実家だったり、ご主人のところだったり。

私は…昨日、息子の泣き声に追い詰められた気持ちになりました^^;周りの方の反応をみる限り、割と控えめな泣き方らしいです。しかし、あれとこれをやらなきゃいけなくて、そして大泣きされる…「あ、今日なんか無理だ」とお手上げ状態になりました。

市内に住む実家の母に緊急ヘルプ。1日に3-5箇所など複数移動する時はあらかじめお願いしていたりするのですが、「今来て!すぐ来て!助けて!」は今回初めてだったかも…?

母、来てくれました。有難や…。

たまに、「仕事と育児の両立をどうやってしているの?」と聞かれることがあります。

実態は、これです。実家頼み。あと、お仕事の相手頼み。周りの方が受け入れてくれるからこそできるのです。

前回も書きましたが、子どもが可愛いことは間違いない。けれども、それとこれとは別なのです。

Oさんも今回はご主人にお願いされてきたそう。終わられた後のOさんからのコメントです▼

今日ほど落ち着いて、思考をそこだけに集中できた回はないです〜(^ ^)
娘には悪いけど、のびのびゆったりできました。
夫には本当に感謝しかないな。。
預かってもらえるって、ありがたいですね。
少し距離を置くだけで、可愛さ3割増くらいに感じます(勝手な事を…w)

次回は娘同伴になるので、また騒がしくしますm(_ _)m

きっとその方によって若干差はあると思いますが、けれど子どもを持つお母さんなら、どこか共感してもらえるのでは、と思います。

「お母さん」業は、24時間コンビニ営業です。甘えと言われるかもしれませんが、24時間一人で頑張っていたら、そりゃあ疲れます。お母さんも、「お母さん」をお休みする時が必要です。とはいえ、子どもが可愛いことに変わりはないので、少し休むと、また頑張れるのです。

  • 自分のお菓子を模索中のOさん
  • カフェや美容室に置いて頂く話が進んでいるTさん
  • お菓子作りも進めつつ、場づくりも進めているSさん

それぞれの到達地点、それぞれの目指す方向に進まれているところですが…1期生の卒業制作?として、マルシェに出店できたら良いね、なんて話していました。

決まり次第またご案内するので、どうか温かく見守ってやって下さい◎

きっちんで作り手さんの情報掲示板を運営しています。そのカバー写真も、最初のお客様、最初の作り手さんの作業風景です。

今回揃った3名の方も、きっちんスクールの最初の生徒さん、最初の作り手さん。

作り手さんは皆大切だし、皆応援していますが、やっぱり、最初の方は特別です◎

Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です