toggle
BLOG
2018-04-17 | BLOG

【資金調達隊】①補助金について調べてみた

Pocket

こんにちは!

最近、巷で補助金ほじょきんと、「補助金」という言葉をよく目にするようになりました(私だけ?)

  1. 補助金について調べる
  2. 電話して、一度自分の手で書いてみる
  3. 実際に窓口に持って行く
  4. 持ち帰って練り直している(今ココ)
  5. これから、

  6. 修正して、また出してみる
  7. 最終的に提出して、採択される

という未来が待っています。

順番に書いていきます◎

補助金ってなあに?

「補助金ってなんだ?」と思って調べてみると、どうやら「こういうことをやりたい!と応募したものが、審査され、採用されたら、実行にかかった経費の一部が補助される」という行政の支援だそう。

補助金にはいくつか種類があって、「やりたい」ことの内容によって使い分けたら良さそうです。

ミラサポにわかりやすくまとめられておりました。

ミラサポってなあに?

画像:ミラサポ公式サイトより引用

ミラサポは、中小企業庁委託事業として中小企業・小規模事業者の未来をサポートするサイトです。
引用:ミラサポ公式サイト上部

補助金情報に限らず、例えば自治体が運営する無料の起業相談窓口、専門家への相談、地域の相談窓口情報などがまとめられています。

補助金の種類は大きく分けて3つ

ミラサポにもまとめられていますが、自分でもまとめてみました(ライターしぶりん先生によるご指導)

木村力不足により、WEBだと見難い…↑表をクリックすると大きな画像に飛びます…

文字でもまとめます。

①創業・事業継承補助金

  • 略称:創業補助金
  • 対象:新たに創業する者
  • 特徴:新たなニーズを興し、雇用の創出を促す創業プランを応援する補助金
  • 補助率:1/2以内
  • 補助金額の範囲(①外部資金調達なし:50万円以上100万円以内②外部資金調達あり:50万円以上200万円以内)
  • 公募期間:前年平成29年5月8日(月)~平成29年6月2日(金)、当日消印有効
  • 事業実施締め切り:前年平成29年12月31日
  • 申し込み方法:電子申請、郵送申請
  • 実績:平成29年実施のもので、応募総数739件、採択総数109件
  • 公式サイト:http://sogyo-shokei.jp/sogyo/

②小規模事業者持続化補助金

  • 略称:持続化補助金
  • 対象:小規模事業者
  • 特徴:販路開拓
  • 補助率:2/3以内
  • 補助上限額50万円(75万円以上:50万円補助、75万円未満:その2/3の金額を補助)
  • 公募期間:平成30年3月9日(金)〜平成30年5月18日(金)【最終日当日消印有効】
  • 事業実施締め切り:平成30年12月31日(月)
  • 申し込み方法:郵送申請
  • 実績:平成28年度補正予算では、目算で全国100件ほどの採択だった(根拠の資料
  • 公式サイト:http://h29.jizokukahojokin.info/

③ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金

  • 略称:ものづくり補助金
  • 対象:中小企業、小規模事業者
  • 特徴:設備投資
  • 補助率:2/3以内
  • 補助上限額1,000万円
  • 公募期間:平成30年2月28日(水)〜平成30年4月27日(金)
  • 事業実施締め切り:企業型は交付から平成30年12月28日(金)まで、小規模型は交付から平成30年11月30日(金)まで
  • 申し込み方法:電子申請、郵送申請
  • 公式サイト:http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2018/180228mono.htm

他にもたくさん補助金はありますが、すたーとあっぷきっちんや、きっちんの作り手さんたちが使えそうかな?というのは挙げた3つです。

どれが使える?

①創業補助金は平成29年5月8日以降の創業

①創業補助金は対象についてこう書かれています。

「新たに創業する者」とは、平成29年5月8日以降に創業する者であって、補助事業期間完了日までに個人開業又は会社(以下、会社法上の株式会社、合同会社、合名会社、合資会社を指す。)・企業組合・協業組合・特定非営利活動法人の設立を行い、その代表となる者。
引用:募集要項P2より

何を言っているかというと、募集開始日(平成29年5月8日)以降に開業する人が対象だよ、というわけです。この時点できっちんはアウト(開業は平成27年…)

まだ開業届けを出していない作り手さんは可能性ありますが、上にまとめた条件は実はすでに終わったもので、今年の分は公募発表されるのを待っている4月現在です。

③ものづくり補助金は規模が大きすぎる

主に工場などの設備投資が対象となる補助金です。

すたーとあっぷきっちん、1000万円クラスの補助金を申請するほど規模は大きくないのです…。

②持続化補助金かな


ということで、残る②持続化補助金。

対象にも当てはまる。うんうん。

持続化補助金の対象:

  • 卸売業・小売業・サービス業(宿泊業・娯楽業以外):常時使用する従業員の数5人以下
  • サービス業のうち宿泊業・娯楽業・製造業その他:常時使用する従業員の数20人以下

※対象にならない

  • 医師
  • 歯科医師
  • 助産師
  • 組合(企業組合・協業組合を除く)
  • 一般社団法人、公益社団法人
  • 医療法人
  • 宗教法人
  • NPO法人
  • 学校法人
  • 農事組合法人
  • 社会福祉法人
  • 申請時点で事業を行っていない創業予定者
  • 任意団体  等

びっくり、お医者さんたちは対象にならないようです…

あと、「申請時点で事業を行っていない創業予定者」も対象外のようです。開業届出していないといけませんね。

商工会議所にいきなり行く前に

ということで、持続化補助金のWEBサイトを眺めてみました。

管轄の地区(すたーとあっぷきっちんの場合、名古屋市中区)の商工会議所に、必要書類書いて相談に行こうと思い立ちました。

ケーキ屋さんから「商工会議所はいきなり行く前にアポイント取った方が良いよ」と教えて頂いたので、管轄の商工会議所に電話してみました。

そうしたら、今営業しているエリア(私の場合は、名古屋市中区)を聞かれ、電話した先が合っているかを確認されました(私の場合は商工会に加入しているのですが、おそらく多分、加入していなくても相談可能では、と思います。ちなみに補助金自体は非加入でも申し込めます)

ということで、長くなったので続きはまた今度。

Pocket

2018-04-04 | BLOG

【SNSレポ12.5】教えて頂いた写真改善ポイントと参考アカウント

Pocket

レポ12で、とても詳細にコメントくださった方がいらしたとお伝えしました。

今回は、その詳細レポを丁寧にご紹介していきたく思います。

結果からお伝えすると、

「あ、やはり、やはりスマホはカメラに勝てないのか…!」と思って、スマホからカメラに持ち替えました。

今はまだスマホから投稿していますが、近いうちに、カメラで撮影→パソコンから投稿、のスタイルになります。

画質:Twitter

手間にはなりますが、一眼で撮ったものや、商品の写真などをクリアに見せたい時、

  • 画像を2048×2048px以下にする
  • 1Px以上(1PxでOK)を透過する(透過=背景など透明にする)
  • ファイル拡張子をPNGにして、3MB以下のファイルにする(PNG:画像ファイルにはいくつか種類があり、そのうちの一つ/3MB:データの大きさ)

→細部が潰れたり色が劣化したりということが抑えられます!これぞ!ってお写真の時には…!!

一眼でフードの写真を撮る時の、うまくいった〜!という焦点距離・F値・シャッター速度・露出補正をメモするようにしています。

(焦点距離、F値、シャッター速度、露出補正:写真の明るさやボケ度合いなどを決めるパラメータで、気になる方はGoogle先生で検索)

動画

メシテロ(飯テロ:美味しそうなフードやスイーツの画像を載せる)アカウントが人気なイメージで、食材が食事(かお菓子)に変わる様を見るのは好きです。

オーブンの中の撮影はムズカしいですが…調理の瞬間が見たいです。

あとは木村さんが作り手さん交流会であげたような動画のワイワイ感もとってもたのしそうでいいな〜!!!となりましたが、もし可能であれば、もってきたものを見せる!とか、見ている人に対してのアプローチがあると、こちらも意識されてるな!とその作り手さんを意識できます!

見たいポイント

私は基本

  1. 食べ物
  2. 作っている工程
  3. 作っている人

の3点が見たいです。

①食べ物

  • インスタでは常套(よくあること)ですが、真上からなど全体が見え、かつおしゃれなもの
  • アピールしたい一部にピントが合わせてあったり、すごくよりのもの
  • 最近はやりですが、マルシェなどのものとかだったらこういう(食べ物手前にアップ、マルシェのお店などを後ろにぼんやり)のだと、その場がイメージできるし、行きたいなーと思うことが多いです!!

②作っている工程

フンイキで人を含めて引きで撮ったものと、手元のアップ、食材、食品の写真が好きです(生地と手!とか、ドライフルーツとチョコの写真とか)

③作っている人

雰囲気が分かるとより気になったり話してみたい!と思ったりするので、商品を持って笑ってるーとか、作っている時の楽しそうなかんじ!とか、お顔をのせるのがOKであれば見たいです!製作した方との地続きを感じるというか…

うまくまとまらなかったです…本当に申し訳ない…少しでもご参考になれば幸いです…」

とのことですが、めっちゃまとまってますよね!素晴らしい…ありがたい…!

今参考にしているInstagramアカウント

頂いたアドバイスを元に、

  • スマホからカメラへ持ち替える
  • 引いたものと寄ったものなど複数アングル撮る

ということを実践していこうと思います。

(作っている最中の写真/動画は、作り手さん自身が「撮られる」気持ちで準備している時でないと、なかなか難しいなぁというのが現状です…売り物を作っている時、めっちゃ必死MAXなのです…汗)

↑前項までTwitter前提の話をしていましたが、写真といえばInstagram◎

たけだかおるさん

Instagramで今参考にしているアカウントは、たけだかおるさん。


1モチーフにつき、3枚(=3アングル)1セットで投稿されています。しつこくない統一感が出て、すっきり見やすいです。そして3枚の写真でストーリー(直近のものだと、スポンジケーキがショートケーキに変わったり)ができあがっています。

作っているご本人だからこそできる投稿だなぁと思いつつ、できる範囲で真似っこしてみる。

cocoroneさん


いろんな方のスタイリング画像が見られて参考になります。

ストーリーはMERYさん

Instagramのストーリー機能では、MERYさんが良いと教えて頂きました。


こちらのストーリー見てから、自分のストーリー投稿がいかに雑か(スクショしたものを載せるなど)思い知りました。

MERYさんは、完成された画像+文字という情報を合体させて配信しています。そして、複数のストーリー投稿でもストーリーを作っています(ややこしい)

とりあえず、できるところから取り組もう。

Pocket

2018-04-02 | BLOG

【SNSレポ12】Twitterアカウントの使い分けと画像

Pocket

こんばんは!SNS迷走中のきっちん中の人です。

LINE@でヘルプミー

迷走しすぎて、先日LINE@にて

【募集】SNS運用をお手伝いしてくださる方

おはようございます☀

ライターしぶりんさんにもご助言を頂いていたのですが…木村の脳力キャパを超えました、どなたか助けてください😭

  • magazineもやりたい
  • Instagramもやりたい
  • Twitterもやりたい
  • 動画配信もしたい
  • なんなら自分でお弁当販売も再開したい
  • 純度の高い方を集めたくオンラインサロンもやりたい

というやりたい尽くしな現在です。

Instagramは今写真を撮りためて(なんなら今日これから撮影)おり、あとはきちんとした文章を添えて発信していくので、多分できそうです。

Twitter配信が今ちょっと重たく…配信内容の見直しから手伝ってくださる方大募集です🙇🏻

基本はボランタリーでお願いできたらと思うのですが、作り手さんでしたら作業時間、not作り手さんでしたらお菓子でのお礼はいかがでしょうか?🙇🏻

気になる方是非お返事をお待ちしております🙇🏻

とヘルプミーしたところ、何人かの方がお応えくださいました!(ありがとうございます!)

めっちゃ詳細にご意見くださいました!

手を挙げてくださった方々に、

  1. 配信されたらフォローしたくなる内容のあぶり出し
  2. きっちん運用や利用のネタを小出しにしてみたらどうかという案をしぶりんさんから頂いたので、それのトライ
  3. 作り手さんになりそうな方を探すことと、絡みに行くこと
  4. 木村個人アカウントと混ざってるので、その使い分けのご相談…

をお尋ねしたところ、比較的SNS慣れしてらっしゃる方から、

①は、私の場合ですが、

  • その人にしか発信できない情報
  • 自分に手が届く内容
  • 写真と文字両方使ってある(写真や動画だらけだと文字での情報が欲しいと思うし文字だらけでは写真の補足が欲しくなる)

だったらフォローします!文章が短いアカウントより多い方が好きです。あとはコスプレの関係でスタジオの情報など。

特にツイッターは単発のツイートは良いけどフォローするほどでは〜という時にはスクショや♥で済ましてしまうので、出展情報とかリアルタイムの情報、製作の進捗など追い続けたい内容だとフォローします!

④線引きが難しいと思いますし私は全部見たいので両方フォローしていますが、キッチンアカウントだけをフォローしている方には分かりづらい(身内ネタっぽい?)内容がたまーーーにあるかな、と

でも私はそこから新しい人やお店を知れたり、こんなことにも興味があるんだ!と気気付けたりなので、まったく完全に棲み分けしてしまうのもちょっと寂しい感じもします、、

あとかなり個人的な意見にはなりますが、たまに画像や動画でここが見たいけど入ってない!とか人と食べ物どっちがメインなんだろう?とか加工の色調整でお菓子の雰囲気が分かりづらいな〜と思うことが、たまにあります…!人それぞれの雰囲気の好みだとは思いますが、、

あとは木村さんはたくさんの作り手さんの作品に触れて食べて、とされているので、お写真に添えて具体的な味の感想やお値段などの記載がもっとあって手に取って食べるまでが浮かぶといいな〜と思います!想像する→気になる!買いたい→買う→おいしい!また行く、フォローする!or他の人に勧める になります!

長々と失礼しました😂拙い文ではありますが、、!

という感じで、めっちゃ丁寧に答えてくださいました!ありがとうございます!!

続き…

木村さんのアカウントでは、木村さんやそのの周りの出来事などを知りたい!という感じなのでガンガン出してほしいです〜🙌

画像の件は別に送ります!

お値段はものにより、というところもありますが、マルシェ出店されているお店の看板商品や目玉の価格設定を見て価格帯を判断したり、お菓子の通販などもいくらか分かると使いたいタイミングや相手をより明確にイメージできるので、全てではありませんがお値段の記載があると、シュミレーションした後買うという行為に繋がることも少なくはありません!あくまで、私の場合ですが、、、

詳細な手書きメモまで送ってくださいました!涙

Twitterきっちんアカウントでは、起こったことを中心に

アドバイス頂いたことを踏まえ、きっちんのアカウントでは、

  • きっちんで起こったこと
  • 行ったマルシェ
  • 作り手さんに関すること

のみの配信とし、その他のことは木村個人アカウントでつぶやきます。

なに当たり前のこと言ってんだと言われそうですが、きちんとできてなかったから今があるわけで…

そして現代の偉人たちを見ていると、企業やグループのアカウントを育てるよりは起業家など個人の方のアカウントの方が強いので、きっちんと木村のアカウントも、木村を重点的にやっていこうかと思います。

木村アカウントからきっちんアカウントに流れていく導線を作っていきます。

写真は3枚1セット

そして、ちょうど同じ頃にこちらの記事を見かけたことと、

こちらのアカウントを拝見して、

画像は、異なるアングルで撮った3枚を1セットにして投稿していくことにしました。

検証中なうです。効果はまた!

最新情報は友だち追加

Pocket

2018-03-31 | BLOG

【参考WEBページ】momokaさんのInstagramの撮影/投稿の極意

Pocket

画像:noteから引用

 

しおたんさんのTwitterで知った、momokaさんのインスタ講座。

BEFORE:いろんなテイストが混ざったものから…

AFTER:統一されたテイストへ(↓まだ3枚だけですが、最低15枚投稿したら一画面この感じになる)

センスのない木村でもここまで撮れました…!

「センスないかも…orz」と思う方は全員買って読んだ方が良い。

投稿編でも書かれていますが、

中略

お金を出せば 時間をかけた誰かの経験や研究を一瞬で知ることができる、真似することができるなんてすごい時代ですよね。本来ならそう簡単に手に入れることができない(お金で買えない)ものだったはずなのに。

本当にその通りで、今までも書籍など、その人が長い時間と経験を積み重ねて会得したものを、2-3時間読むだけで知ることができるサービスはありましたが、”書籍が出せる人”の学びしか得ることができませんでした。

しかし今は、”書籍を出していないすごい個人”の学びを(しかもリーズナブルな価格で!)買うことができるのです。その学びを持っていない人からみたら、とても素晴らしい時代。

逆に、今このブログを読んでくださっている方の中にも、”本人としては当たり前すぎて価値が感じられないけれど、他者からみたらお金を払ってでも知りたい情報”を持っている方がいるかもしれません。

トライしてみようかなという方はnoteを始めてみてください。

Pocket

2018-03-23 | BLOG

【ネタ帳|追記】Twitter反響あったフードロス問題

Pocket

[3/24に追記しました]

一年前とは言いませんが、半年くらい前には一度考えたことかな?掘り起こしほりほり。

きっかけはラーメン屋さんの一言

ご近所のラーメン屋さんがこぼした、「一日に50-60個分の卵白が出るんですよね」という一言…

確かに、ラーメンの上に黄身だけ乗っかれど、全卵乗っけているラーメン屋さんはないっすわ。

一度、お昼営業後の卵白30個分を円筒型タッパーに頂きました。見た目にはそんなに多くないのですが、食べると多い多い。使っても減らない卵白。卵白だけのスクランブルエッグを作ってみたのですが、食べてみるとちょっとうぷっときました(卵黄大事)

ラーメン屋さんが取り溜めてくれた卵白なので、油分が入ってしまっている可能性がゼロではない…ということで、お菓子作り手勢に聞いても、「油分が入ってるかもしれない卵白は使いにくい…」との反応。確かに気持ちはわかる。

先日、冨田ただすけさんのワークショップに参加したところ、「出汁をとった昆布をどこまで活用するか悩みます…」という話になり(ちなみに冨田さんの回答は「冷凍庫に溜めておいて、まとめて調理します」)、そういえば家庭レベルでも「この昆布とかつおぶしどうしよう…」となるので飲食店で出る量だともう処理しきれないよなぁと思い。

昇華も消化もできぬまま頭の片隅にふわふわしていたのですが、昨日ふと思い立って、つぶやいてみました。

つぶやいてみた

ちらっと聞いたことがあるのですが、お豆腐屋さんではおからは産業廃棄物になってしまっているそうな。

お豆腐の隣におからや卯の花が売られているお豆腐屋さん、ありますよね。おからは日持ちがせず、売れなかったら捨てるしかない。卯の花としてお惣菜にするにしても、それを作ることばかりに時間を割いてもいられないでしょうし。

出汁を使いそうなご飯屋さんで昆布の佃煮が出てくること、ありますよね。しかし、毎日毎日大量に出る昆布を全て調理しきれているかというと、「昆布を細かく刻むことに時間割いてられないよー」という状況なのでは、と思います。

余る部分を使って調理して食べることができそうだ

さしあたって取り組めそうなのは、「食べられるけどお店で使わない部分」を引き取ってきて、みんなでわいわい調理することでしょうか。

お店屋さんからしたら、普段処分するのにお金を払っている(産業廃棄物のため)ものをただで処分できる=コスト削減になるわけですが、できれば人とお金が循環して欲しいので、その調理会の参加費=食材提供してくださったお店の食事券にするとか。

ただ、

  • ラーメン屋さんから卵白を頂く…ラーメン一杯900円
  • うどん屋さんから昆布とかつおぶしを頂く…うどん一杯900円
  • お豆腐屋さんからおからを頂く…お豆腐1丁100円

900円+900円+100円=1900円の参加費となると、なかなか継続して参加することは難しいと思うので、考えてみました。

図解:参加者-きっちん-飲食店

  1. 飲食店→きっちんへ食材を無償提供
  2. 参加者から200円頂き、一緒に作ったり食べたりする
  3. 参加者は、参加1回につき1P得られる
  4. 参加者は、飲食店にて1P=100円として使える
  5. 飲食店→きっちんへポイント利用があったことを申請する
  6. きっちん→飲食店へ、1P=100円支払う

お金の流れとしては、

参加費200円→きっちん100円+飲食店100円

というイメージ。それぞれの視点に立ってお金とモノの流れをみると、

  • 参加者:きっちんへ行って、200円払ってその日お惣菜を持ち帰れて、ポイントを貯めると加盟店で使える
  • きっちん:飲食店から食材を受け取ってきて、一人あたり100円頂いて調理する場と時間を提供し、後日飲食店に支払いをする
  • 飲食店:普段廃棄しているものをただで手放せて、その喫食者が、後日自分の店に来て飲食するかもしれない。その飲食費は全額補填される

という感じ。

流れを考える

参加費0円でも良いかな、とか、参加費を100%飲食店に還元しても良いかな、と思ったのですが、「提供する側が実入り0円」というのは(小さくとも)経済にならないなーと思って、200円を場(機会)と食材で半分こ。

飲食店ときっちんの間で食材の受け渡しが発生して、飲食店側が運んでくれても、きっちん側が取りに行ったとしてもコストになって。シェアリングの宅配サービスみたいに、ちょうど近くにいる人が運んでくれて、その方の参加費は0円、とかにできたらなお良いなぁとも思ったり。

ポイントは、「作ることに参加したら1P」とした方が良いのかなと思っていて、きっと曜日や時間帯によっては、「どうしても仕事や予定があって、調理に参加できない。でも、食べることでフードロス解消に貢献できるなら行きたいな」という人もいると思うのです。

作って食べる人と、食べるだけの人との間には、きっと差があった方が皆が納得できると思うので、作る人に1P、食べるだけの人は0Pにする、というやり方が解決策になるのかなと思います。

と、つらつら書いてみたのですが、いかがでしょうか??

3/24追記しました

本記事のことをLINE@で配信したところ、ららんママがリアクションくださいました^^

全国のお豆腐屋さん、是非ご参考に!

もしかして木村が知らないだけなのか?と思い、検索してみました。

Allaboutの記事ですが…多くのお豆腐屋さんが小分けして販売されているのですね〜

フードロスはどこに落ちてるんだろう。まとまってどーんではなく、多くのお店でちょこちょこと生まれているのかなぁ。

Pocket

2018-03-23 | BLOG

【募集】4/23ゲスト講師③:キッチンカーについて学ぼう!MAGNI’S COFFEE TRUCK藤澤圭一さんトーク

Pocket

こんにちは!
今年最初のゲスト講師トークのご案内です!

「自分のお店を持ちたいけれど、店舗を構えるのはハードル高いしなぁ…そういえば、キッチンカーってどうなんだろう」

と思ったことはありませんか?

名駅の人気コーヒーキッチンカーMAGNI’S COFFEE TRUCKさんが、キッチンカーのいろはを教えてくださいます!

(「参加者のみなさんは、きっとお金周りのことも知りたいと思うのですよねー…」
とお願いしてみたら、
「いいですよー^^」とご快諾くださいましたー!)

ということで、
キッチンカーを立ち上げようと思われた経緯、
車を探し、
購入し、
改装にどれくらいの時間とお金がかかったのか。

そして今、
日々営業される中でどれくらいの人の心とお腹を満たし、
場所と車の維持にどれくらいかかり、
これからどうされていくのか…

MAGNI’Sさんの美味しいコーヒーを頂きながら、一緒に勉強していきましょう!

実は遠方の方からもスクールについてお問い合わせを頂きます。
今回藤澤さんにもご協力頂き、オンラインでの参加も可能となりました!

(インターネットを使ったテレビ電話、という感じです^^
できればパソコンの方が画面大きくご覧頂けますが、スマホやタブレットでも大丈夫です)

◎講師
MAGNI’S COFFEE TRUCK藤澤圭一さん

Instagram:https://www.instagram.com/magniscoffeetruck/
WEBサイト:http://magnis.jp/

◎日時: 4月23日(月)10:00-12:00

先行してすたーとあっぷきっちんのLINE@で配信したところ、日程が決まりました!
最初はすたーとあっぷきっちんに集合して頂いて、近くに止めて頂いたMAGNI’Sさんのトラックを見学して解散という流れにできたらと思います。

◎場所:すたーとあっぷきっちん

〒460-0008
名古屋市中区栄3-35-21 菱家ビル906号室

https://goo.gl/maps/J63wLrR1dEK2

ご到着されましたら、インターホンで906→呼び出し、とお願い致します。

◎参加費:MAGNI’Sさんのスマイルとコーヒー付き5,400円(税込)

(コーヒー苦手な方はお知らせください◎)

(キャンセルポリシー:6日前以降50%、2日前以降100%)

◎ご参加の方は、友だち追加LINE@からご連絡をお願いします^^

ご質問があればお気軽にコメント欄or木村までメッセージをお願いします^^

Pocket

2018-03-21 | BLOG

作り手さんの出店/入荷カレンダー導入しました

Pocket

トップページ中程に、作り手さんたちの活躍日のカレンダーを入れました。随時追加していきます◎

どうして2年間やらなかったのだろうと思いつつ、予約カレンダーに予約日程と一緒に入れていたことを思い出しました。

話戻ってトップページ。

あれこれ足していったら、縦にながーーーーくなりました。

「最初は自作だー」と思って、オニマガさんのwordpressテンプレートを使って(=買って=0か
らの自作ではない…)ごりごり自分で作っていたのですが、なんだかバランス悪くなってきたし、もっと見やすくしたいしで、そろそろプロにお願いしたい今日この頃…補助金申請頑張ってみよう…

オニマガさんのテンプレート、初心者には使いやすいです^^

WEBサイトの始め方も書いてあるのでぜひどうぞ^^

Pocket

2018-03-17 | BLOG

【レポート】名古屋#ライター交流会 vol.01「名古屋をコンテンツの力で盛り上げるには? ライター&Webメディア経営者会議」に行ってきました

Pocket

画像:Peatixページより引用

こんばんは!やりたいことをやって生きていくなら、発信方法も学ばねば!ということで、本日は、名古屋#ライター交流会 vol.01「名古屋をコンテンツの力で盛り上げるには? ライター&Webメディア経営者会議」に参加してきました!

「名古屋をテーマにライターとして活動するとは?」(大竹敏之さん+司会者さん)

木村あるあるLIVE配信をしてみたり…

リアルタイムツイート(講義を受けながら、ポイントをTwitterで流す)にトライしてみました。

「名古屋をWEBメディアの力では盛り上げるには?」(碇和生さん+若目田大貴さん+宮脇淳さん)

  • スピード感(1時間でメディア立ち上げる!)
  • ノオトさん:採用媒体でなく、ブランディングできていれば、自SNSだけで告知しても、人的ネットワークで拡がっていく

Q&A.これからどんなことがしたい?

    • IDENTITY碇さん

    • コミュニティを持っているところ、データを持っているところがトレンドを作っている
    • 編集畑の人は、あまりITやデータベース/テクノロジー関連の方が少ない→重宝される

名古屋スタートアップ若目田さん

    • 所属ライターが一人1メディア作れるようになってほしい
    • 個が活躍できるように

ノオト宮脇さん

  • 広告のあり方を、編集の力でもっと変えていきたい
  • 一人では難しいので、チームでやっていく

怪我してはいけないとのことで、実は子連れNG会場でした汗

と、ここで休憩タイム…

動画にもあるように1歳半の息子を自由にさせていたのですが、会場の責任者の方にひっそりと、「床がコンクリートで危ないので、実はお子さんの入室は控えて頂いているのです…」と教えて頂いて、はたと気づく母木村。

いつもお世話になっている名古屋スタートアップ若目田さんのオフィスに子連れで伺うことがあって、今日のライター交流会も、実はそのオフィスで開かれるものだと思い込んでおりました(そういえばと今朝イベントページを確認し、思っていた場所と違うことを知ったのでした)

そのため、いつものノリで確認せず子どもを連れて行ってしまったのですが、いやはや、確認するのが普通でしたorz

しかし、登壇者の方も参加者の方も、そして「抱っこしていてもらえるなら、特別に居て頂いても大丈夫ですよ」とご配慮くださった会場の方も本当に温かい対応をしてくださり、感謝しかありません。

(残念なことに今の我が子は、「抱っこされているより自由を謳歌したい」年頃のようで、抱っこし続けることが難しく、途中退室しましたがorz)

主催の方も、「お子様の受け入れもできる形で運営ができると、本当はいいですよね……」とおっしゃっていたように、今後、

  • 子どもを連れて参加したい人
  • シングルマザー

という参加者/ライターは増えると思うので、例えばマフィスさんのように上手にクリアしていけると良いのかなと思いました◎

きっちんの作り手さんとも重なると思うのですが、

  • 自分の好きなことをして働きたい
  • 自分の都合の良いタイミングで働きたい

というニーズに、ライターという職業は解決を提供できる部分が多い(ように見える)ので、例えば子どもや両親など、「自分以外に守るべき存在」がある人たちの働き方を上手に成立させられたら、と思います。

子連れで行って良い事もありました

と、Twitterでご連絡を頂きました^^

子ども(と結婚)についての話は、自分から切り出さない相手は「未」な場合が多い、実に繊細な話題です。自分が子ども連れで参加することで、他のママさんたちも声を上げやすい環境を作れたのは良かったのかなと思います◎

本日の全貌は

Twitterで「ライター交流会」とハッシュタグ検索してみてください◎

もしくは、ごえりちゃんのグラフィックが秀逸です!

ではまた!

Pocket

2018-03-16 | BLOG

【スクール3期】①コンセプト作り -初めまして、こんにちは。何を作られますか?-

Pocket

今月から始まりました、スクール3期!

1年経って2周りしましたね〜

過去最多の受講者5名!備品が増えた部屋はきゅんきゅん…ラック片付けるか広いところを増やしたい…

初回、2018年3月5日は、①コンセプト作り。「初めまして、こんにちは。何を作られますか?」という問いかけ。きっちん中の人木村が初めましての方もいらしたので、「どんな方が、どんな想いで、どんなものを作るのか」を教えて頂いて、そしてそれが売れるのか、どう売っていったら良いのかを考えよう、という回でした。

お菓子がたくさんあるのに、食べずに黙々評価するタイム…

皆さん、たくさん作ってきてくださいました…っ

すごい、お菓子とパンで埋まる食卓。幸せ。

「どれくらい種類を作ったら良いですか?」

「ラッピングはした方が良いですか?」

と挙がった質問に、「見て頂きたいものをお持ちください」

とお返事した、開催日の何日か前…

それぞれ、「確かに、周りの方にはおいしいと言われる…けれど、売るとなると、これで良いのかなぁ?」と不安もあったことと思います。

持ってきて頂いたお菓子、パンを入り口付近に置いて頂いて、木村にもどれがどなた作かわからないようにして。

見た目はどうか、どんなところで、いくらで売れそうかなどを各自書いていきます。

(今までは2-3人だったので、全て記述式にしても成り立っていたのですが、5人になると種類が増えるので、”もっとディスカッションの時間が欲しかった”という結果となりました。

評価項目によっては5段階評価にするなどにしたら、もっと話し合う時間が取れるのでは、というご意見を頂いたので、次回から早速そうします◎フィードバックありがとうございます!)

食べるときは女子会。みんな一番テンション高い

始めは食べずの見て評価、

みんな一通り書いた後にいざ実食。

一番テンション上がった時間でした笑

↑まだまだ器に乗り切っていない分のお菓子がありました。幸せすぎる◎

自分を見つめ直すタイム

  • どうして今のお菓子/パン/ごはんを作るようになりましたか?
  • 譲れないこだわりは何ですか?
  • 自分にしかできないことですか?
  • 似たようなものを作る方はいますか?
  • 参考にされた作家さんはいますか?

などなど、自分が作るものと向き合います。

実のところ、余程のものでないと、「この人しか作れないもの」ってないと思っていて。みんな何かしら過去の偉人を参考にしていて。

きっちん中の人の作る湯種食パンだって、どなたかが考えてくれた美味しいレシピなわけで、それでも、自分で作るときは何かしらのこだわりがあって、

  • 美味しそうだから
  • 並んでる雰囲気に惹かれたから(ジャケ買い)

の次くらいに、そのこだわりがお客様に届いたら良いなと思うわけです。

「買う理由を求めている」と表現すると言い過ぎかもしれませんが、「食パンを買う」という行動ひとつにしても選択肢がたくさんある中で、自分を選んで頂く。

「この人から買いたい」と思わせる何かが必要なのです。

その場でも考え…でもすぐに浮かぶものでもないので(天から降ってくるときもありますが)、宿題①で後から送っていただいたりもして。

受講後の感想

フィードバックが欲しく、ご感想もお願いしました◎

「個々のこだわりなどが聞けてためになりました。会を重ねる毎に濃厚なディスカッションが出来るようになりますように^_^」

「同じような志をもつ方々と一緒にお話することができて、貴重な体験でした。試食は、もっとシビアに言ってほしかったです。やっぱり皆さん、ブラインドとはいえ、遠慮がはいるのでしょうね。本当に試食感想目的なら、本人のいない、関係のない方々に召し上がっていただく方がいいかもしれません。同じような人とやるメリットは、その場で細かいところまで聞けるとこだと思いますが。」

「すたーとあっぷきっちんがやるスクールとして最終目標はなんなのかなあって思いました。タイムスケジュールは最初に紙に書いて貼っておいたりするといいかもですよ。全員で時間進行を共有できます。製造でお借りした時に思いましたが、ホワイトボードもあるといいなあと思いました。」

「色々なお菓子の作り手さん&お菓子に出会えて刺激になりました。」

「初めてお会いする方が多いので、とにかく緊張と不安がありましたが、試食会があった事もあり、自然と慣れて、また思いも同じ方ばかりなので馴染んでいけたのかな‥とも。 もう少しじっくりと机に向かえる時間もあると良かったかなと。」

皆さんそれぞれの感想。もっと話し合う時間を作らねば、時間配分を目安程度には作らねば、ホワイトボード買ってこよー、となりました。

宿題①でも「いつまでにこうしたいという目標があれば買いてください」項目を作りましたが、この次のスクール②の冒頭で、それぞれの目標を話す時間を設けました。

スクールとしては独立を後押ししたいので、それぞれ向かう先は違えど、やりたいことを叶えられるようになって頂けたらと思います◎

Pocket

2018-03-11 | BLOG

【東京trip】Skyland VenturesのスピードミーティングSEEDSに行ってきました

Pocket

画像:Skyland Ventures公式サイトから引用

ライターとしてお世話になっている名古屋スタートアップ株式会社の学生社長若目田さん(もうすぐ卒業!)に教えて頂いた「SEEDS」に行ってきました!

結論から言うと、未熟すぎて全然相談にならなかった…

スピードミーティング「SEEDS」とは

SEEDSとは、シードスタートアップを対象として毎週水曜・午前に実施している15分×10本のスピードMTGです。

シードとは準備期、スタートアップとはベンチャー企業、つまり準備期間のベンチャー企業を対象としたもの。MTGとは、ミーティングの略です。

頂いたアドバイス

・uber eat用に開放する(uber eatsがわからない方はこちら

・儲けたい人を相手にやる

・プロ向けの設備

・月1000万円の作り方、月100万円の作り方→「計算式作ったら終わりだよ」

・資本調達する/調達しやすい環境に身を置く

・エクイティ(出資)とデット(借金)に負荷をかける

・利益率の最大化、手数料50%にするなど

・WeWorkと自分の格差を客観視して、近づけるように考える

・ロイヤリティ、FC化

・資本主義の奴隷になる

・お金と人を最大限に働かせる

・法人の挙動と、自分の個人の性格は別物。

行ってみて…

ううう…具体的な事業計画があるわけでもなく、画期的な案があるわけでもなく…

立ち上げた頃、2年前に行くべきだったなぁ…

やりたいこと決まってないのに相談に来る時間泥棒になってました…orz

保健所の許可付きレンタルキッチンの価格崩壊を起こさせたのも私だしなぁ…

危機感ないのかな、確かにぼへぼへはしている…でも最近生活は危機なので、足元固めて、楽しくて世間のニーズがあることをやっていきたいなぁ…

ちなみに東京に行って、名古屋との人口の違いを感じました◎作って売りたい人の割合というのも人数に比例するので、東京でやるべきだと肌で感じて帰ってきました◎

Pocket

1 2 3 4 5 6