お役立ち

タイムバンクとは?エントリーからリワードお菓子まで

突然ですが、「タイムバンク」というサービスを聞いたことはありますか?

タイムバンクとは…

公式サイトを見ると、

Buy&Sell Time
タイムバンクは「時間」の取引所です

と、どどーんと書いてあります。

このサイトに集まってこられる方のユーザー層(作り手さん/シェアキッチンさん)を眺めてみると、「またきっちん木村が何か言ってるな」と言われそうですが😂

時間を売ったり買ったりするサービスに「上場」させて頂いてます。

実際には時間は概念化していて、

「1,800秒(30分)を買って使ってくれたら、私はあなたに◎◎を提供します。

私の1秒は今は10.0円で、この金額は変動します」

というもの。

リターン(タイムバンク内では「リワード」)は専門家(上場しているアカウント)が任意に設定できて、

いろいろあります。

お菓子の日本円での金額が変動するのです。不思議ですよね。

知ったきっかけ

ややうろ覚えですが、一番最初はプレスリリースだったかも…?

「コミュニティを評価される面白いサービスがある」という印象だったかなぁ…でもタイムバンクにおいてコミュニティでの応募可になったタイミングは割と新しいですよね。

となるとfeverのプレスリリースなのか…??

調べてみて、気軽な気持ちで投票所なるところにエントリー笑

とはいえ、著名人の方の時間を売買できるサービスかなーという認識だったのですが、

知り合いの知り合いの方が上場されたり(いや、著名人には違いないのですが!)、

もう少し身近な方が上場されたりと、一気にぐぐっと身近になり、「きっちんも、もしかしたら上場できるかも!」と思い始めました。

上場された方にやり方を聞いてみた

上場された方に、「どうやって上場されたのですかー?」と聞いてみました。

すると、「スコア診断して申請したら連絡がきました!」とのこと。

ふむふむ、早速スコア診断なるものをやってみました。

そして申請。

…しかし、待ってもご連絡が来ない…?

混み合っているのかな…

それとも、すでに投票所に応募しているアカウントはスコア診断NGなのかな…

うーん、真面目に投票所から頑張ろう。

2017.12.15 エントリー

投票所へエントリーしたのが2017年12月15日。

2018.6.11 公募確定

そのあと、事前酵母間違えた公募が確定したのが2018年6月11日。

約半年間、ご支援くださった方々、ありがとうございます!

2018.9.11 リワード申請

次に動いたのは9月でした。

6月7月8月と、シェアキッチン自体は比較的穏やかな日々だったのですが、東京に行ったり大阪に行ったりあちこち行っていたので、リワードを登録して先へ進んだのは秋。

2018年9月11日に自分の値段を決めて、リワードを申請して、申請が許可されました。

この、「自分の値段を決める」というフェーズ…

いや、そんな、自分に値段つけるのって難しくありませんか?

日本人は特に苦手そうなイメージです。

そして御多分に洩れず、私も値段つけるの苦手ですorz

うーん、リワードは基本お菓子!と考えていたので、

2,000円くらいなのかなぁ…とぼんやりイメージしており、1秒2,0円で申請しました。

運営さんへの手数料とか、ノーチェックでした笑

(いや、あって当たり前ですよね)

2018.9.13 初回抽選、同日売り切れ

9月13日に初回抽選。

同日に18,000秒の購入申し込み(先着販売)を頂きました。

9月20日に抽選終了。

2018.9.20 報酬付与

9月20日に時間販売の報酬が残高に付与されました。

43200円とのこと。

この時、「この43,200円の由来ってなんだろう?」とふわっと疑問に思ったのですが、あまり深く考えなかった自分にミス1。

2018.9.21 初のリワード利用申請!

報酬を頂いた翌日、9月21日に初めてのリワードの利用申請を頂きます!

この時のきっちん中の人
「うおおおおお!きたー!うわー!早速きた!
やばい!
何も準備してない!
な に も じゅ ん び し て い な い 」
と、お祭り騒ぎでしたw

というのも、(誤解を恐れずにいうと)最悪身一つでなんとかなるリワードではなく、言ってしまえば通販と同じくらいの物理的な準備が必要になるわけです。

・送るお菓子の手配
・詰め合わせを入れる箱
・リボンなど
・緩衝材
・新品のダンボール(外箱)
・そもそもどうやって発送する?常温?クール便?ゆうパック?もっと小型の発送方法?

日頃からお菓子の発送が業務のうちであればこんなに慌てることはないのですが、なにせ普段やっていない業務のため、ゼロからの準備。

通販でお菓子をお送りしたことはあるので、全体像がつかめていたことは助かりました😭

で、運営さんからやりとりのメールを頂き、作り手さんが作る日程=つまり送るお菓子が集まってくる日程を見つつ…

そこで、「はて、いくら分のお菓子をお送りしたら良いんだ?」となりました。

あれ?リワードはいくら分をお送りしたら良いのだろう?

その頃まだ手数料について頭になかったので(笑)、

1秒2.0円で1,000秒2,000円…いやでも送料入れると1,000円いくらのお菓子…?
いやー、1,000円のお菓子ってボリューム全然ないよね😭
しかも申請頂いた日の終値は3.0円!
3,000円分払って頂いて、これだけ(1,000円分のお菓子のボリューム感)っていうのは、ちょっとなぁって思うよなぁ…😱

コンビニでドーナツ買うなら1個でも買えるけど、
送料かかる通販ではそんなに小さな買い物はしないし、
郵送で届いて納得みあるのは、最低これくらいからだろう。

ということで、お菓子2,000円くらい+送料1,000円くらい、という内訳に。

(原価割る仕事は仕事じゃないよ、というお声はさておき😇)

ありがたいことに、翌週、また翌週、とリワード利用を頂きました☺️

メールやSNSで喜んで頂けた、というメッセージを頂いて嬉しい限りです☺️

リワード発送がひと段落して、「はて、結局43,200円の内訳は…」とぶり返したので、運営さんに質問メール。

とても丁寧なお返事をくださいました🙇🏻

ありがとうございます!

現実はというと、

そうか、43,200円で36,000秒を賄わなきゃいけないのか!
43,200円÷36,000秒=1.2円/秒!
1,000秒で1,200円の予算!
ぬおおおお!

いやーでも1,200円では満足なもの送れないしな、私が受け取るならやっぱり今送っているボリューム感が最低ラインだなー

と、なり。

試しに、今発行している秒数すべてのリワード利用があった場合、リアル世界でいくらになるか試算してみました。

36,000秒÷1,000秒×3,000円=108,000円

あっ、なかなかそれなりですね😳

そりゃそうか、1,200円の2倍かかってるのだから、報酬43,200円の2倍になるかぁ🤔

と、ちょうどこの辺りの時期にもんもんとした気持ちをTwitterに書き綴っていてですね。

タイムバンク速報(@Timebank_Sokuho)さんがお声がけくださって、いろいろ相談に乗って頂きました!
(その節はありがとうございます…!)

タイムバンク速報さんは、タイムバンクにまつわるあらゆる記事を書かれています!

中でもこちらに初心者向けの記事がまとまっているので、是非チェッックしてみてください!

結論は、「リワードは固定で、その価値が変動する」

このボリュームのお菓子をリワードにするならそのボリュームは変えず、

そのボリュームに見合った価値(1秒いくら)に落ち着いていくのが相場だ、とのこと。

そのボリュームに対して5,000円では高すぎる、ということであれば価値が下がり、

100円では安すぎる、ということであれば価値が上がっていくだろう、という仕組み。

(「ボリューム」と打ちすぎて、もはやBと略したい気持ちなう。)

これから上場したいなぁと考えていらっしゃる方へ

①原価のかかるリワードの場合は、価格設定(実際に手元に入ってくる報酬と秒数の兼ね合い)はよく考えてみてください。

(アクセサリー、ハンドメイド作品、雑貨など、自分の作業時間給に目を伏せても、最低限の仕入れ値はありますよね)

②最初に自分が設定した金額(すたーとあっぷきっちんの場合は、1秒2,0円)から自分の価値が上がっても(例 1秒7.0円になった!)も、その差額(1秒5.0円)分は手元に入ってきません。

(この辺り、ユーザーさんからは見えにくい部分だと思います^^;価値が上がれば、その分アカウントに還元されていると思われていますし、そう考えることが普通の感覚だと思います)

是非トライしてみてください

と、つらつら書いてしまいましたが…

タイムバンクを始めてから、今まで出会わなかったような方々との出会いを頂いていますし、

作り手さんのお菓子も今までのお客様とはまた違った層の方々にお届けできているので、とても嬉しく思っています^^

迷っている方がいらっしゃいましたら、是非ぽちっとエントリーしてみてください。

新しい世界がきっとひらけます^^

(*一部画像をお借りしました。)