名古屋

【レポート】2018中部パックに行ってきました

画像引用:公式サイト

こんにちは!

スクール3期の生徒さんに頂いたチケットで、別の生徒さんと行ってきました、中部パック!

パック展という言葉から、ラッピングなど包材の展示会かなーと思い込んでいたのですが、

中部パックとは
原料から加工製造、放送、流通、資源利用まで、一堂に展示します。

中部パックは、過去、包装・食品機械やシステムを中心に物流機器や包材・食材までを網羅した総合展として発展してきました。合理化・効率化の推進から食品安全システム「HACCP」や省資源・リサイクルといった環境問題など、幅広い分野にわたり、業種・分野の枠を超えて展示いただくのが、特徴です。

引用:公式サイトページ

製品を作る一通りの商品が並ぶ展示でした😲

並んでいたものは機械多め

半分ほどのブースしか行きませんでしたが、包材というより、機械メインだったという印象で帰ってきました。

大きな(といっても、業務用オーブンの中では小さい方…お値段1台100-150万円)オーブンや、ブラストチラー(冷却器!欲しい!)、はたまた自動のおまんじゅう作り機やロボットアームまで、色々な業者さんが出展されていました。

全自動のおまんじゅう製造機で、「手作りのような美味しさ!」という感じのキャッチコピーがあったので、うーん、やっぱり手作りなのか…?とTwitterで呟いてみたり…

岐阜のカフェ星時さんからお返事頂いたり…

包材は…愛知県のダンボール屋さんや関西の袋屋さん

愛知県にあるクラウン・パッケージさん

行ったのは3号館なのですが(他2号館も展示あり)、私たちが求めていたラッピング!の会社さんは、2軒ありました。

やっぱり基本ロットは1000個単位とのこと…正確には、「100個などでも受けられますが、割高になります><」とのこと…

レンタルキッチンという性質上、一人の方が千個消費するというのはなかなかないことで、例えば無地のギフトボックスなどを1つ(多くて2つ)の規格で購入して、作り手さんたちにはスタンプやシールで個性を出して頂く、ということは可能です。

が、千個の在庫、どこに置くのだろう…汗

もっと広い部屋、良い設備が欲しいなぁ…

たくさん焼けるオーブンと、冷却器があれば、量産することはぐっとハードルが下がります。

ただ、千個のお菓子を作れたとして、千個売り切れるかというところが次のテーマになりますが…

そう考えると、売り先の多い都会の方が有利だよなぁ…東京かぁ…もしくは、地方でも、月に千個の法人受注をげっとするか…あ、お菓子の定期便で千人のお届け先…?千個の発送…想像を絶する量ですねー。

キッチンカー10台を手配されていた!

画像引用:公式サイト

中庭のようなところに、キッチンカーが10台(カレー、パニーニ、焼き鳥、たこ焼き、焼きそばなどなど…)並んでいました!

入り口付近のカレー屋さんに注文がてら聞いてみると、中から代表の方が…

名刺切らしたくせにご挨拶して伺ってみると、「1台から40台くらいまで用意できます!」とのこと…

「すごいなぁ…」と言っていたら、一緒に行っていた(というか、車で連れて行ってくださった)生徒さんに、「あれくらい手広くやってくださいよー」と突っ込まれt…oh,,,

お菓子教室のノウハウ提供がすごいというろく先生や、

守山の洋菓子教室ポットベリーさん

先輩方の価格設定にしたらと鼓舞されました…😂

お商売うまくなりたす…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。